ビデオストリーミング産業のブームは停滞気味?

ビデオストリーミング産業のブームは停滞気味? - Truestar Consulting Group

ビデオストリーミング産業のブームは停滞気味?

コロナウイルスによる世界的なパンデミックの間にストリーミング産業はどのような影響を受けたでしょうか?

映画館やその他の娯楽施設では様々な規制がなされ多くの人は自宅に籠ることを余儀なくされました。

その期間はNetflixDisney+のようなビデオストリーミングサービスにより充実されたでしょうか?

様々な制限が緩和されて以降もしばらくの間、人々はNetflixやAppleTVのようなサービスに夢中でした。

 

しかし段々と風潮は変化しているようです

Kantar Mediaは、米国の新規ビデオ加入者は、昨年の第2四半期の12.9%から今年は3.9%に減少したとレポートしました。

これはKantarが調査を開始して以来、新規加入者の最低レベルをマークしました。

人々の生活様式が再び変化し、外出する人口が増えていることを暗示しています。

 このレポートはコロナウイルスのパンデミック以来、著しい変化を実際にデータにも反映しています。

 

Kantarは、何らかのビデオストリーミングサービスを定期購買している米国の世帯の総数は、74.6%、つまり約9,580万世帯であると明かしました。

そのため、何らかのサービスをサブスクしている場合、新たなサービスへの加入を躊躇するようになりました。

これにはいくつかの理由が考えられます。

まず、多くの人々は好きなサービスを見つけ、新しいサービスを試す必要性を感じていません。

次に、Netflixの加入者のブームが鈍化し、全体の数に影響を与えています。

レポートによると、Netflixは今四半期に新規加入者を獲得するのにうまくいきませんでした

「NetflixのSVOD対応世帯のシェアは最低で、2020年第2四半期の74%から67%に低下しました。

同様に、新しいSVODサブスクライバーのシェアは昨年の13%から6.0%に達しました。」

 

新型コロナウイルスの収束が見えない生活の中で、生活様式がどの様に変化し、人々の行動にどのような影響を与えるかが今後のビデオストリーミング産業の動向のカギとなるでしょう。

 

参考文献;Study: A Big Boom In Streaming Video Is Over (forbes.com)